札幌のパーソナルトレーニング (8)_edited.jpg

GREETING

ごあいさつ

代表メッセージ

こんにちは、パーソナルジムRフィジオラボ代表の小川哲広です。私は厚別区で生まれ育ち、他の市にて医療従事者として10年間医療とスポーツ現場で沢山の経験をしてきました。また、様々な障害を持った方やスポーツ選手と関わる中で、障害予防・改善と運動パフォーマンス向上に共通する部分を感じ、トレーニング系の国際的な資格を取得し現場のアスリートへトレーニング・栄養指導も行ってきました。

 

私自身、沢山の怪我をして、痛みや体の不調で思うように生活や運動が出来ないことを経験してきました。特に28歳の頃、腰椎椎間板ヘルニアを発症し、歩行が困難となり、医師からは手術を勧められほどでした悩んだ末、保存療法を選択し、自分の体を根本から見直すきっかけになりました。結果として今は痛みや不調は完全になくなり、子供(娘2人)とどんな運動もできる程に回復しています。その自分の体験もあり、適切にその人個人にあった運動の重要性を感じているのです。

 

大好きな厚別区の地に戻り、今までの経験を活かして、最大限地域へ恩返しをしたいと思いこの度、整体&パーソナルトレーニングジムを開設することになりました。一緒に、心身の健康を手にしていきましょう!

推薦文

推薦文_アールフィジオラボ (1).png

Do-Clinic 整形・運動器リハビリテーション 院長

道家孝幸 様

小川さんとの出会いは、2018年に私が千歳市の病院で勤務しているときに、連携先の病院での勉強会でした。勤務先が違っていましたが、患者さんのリハビリを直接お願いすることが多くありました。運動器という身体の動きを治すことに努力を惜しまず、こだわりを持って患者さんの治療にあたる姿勢に驚かされました。そして一緒に千歳市の少年野球肘検診を立ち上げ、現在でも検診は継続されています。特に印象に残っているのが、自らが少年野球で怪我をして野球ができなかった悔しい経験を持っており、同じような経験をする子供を一人でも減らしたいという熱い想いです。野球選手を中心としたスポーツ選手はもちろんの事、心身にトラブルを抱えている一般の方までを対象とする整体&パーソナルトレーニングジムを開設するとお聞きしました。正直なところ最初に頭に浮かんだことは、「当院に就職してもらえなくて残念…」という気持ちした(笑)。しかし小川さんなら様々なクライアントの気持ちに寄り添い、熱いサポートをしてくれるに違いありません。信頼できる方であるのはもちろんのこと、全ての方が前向きになれる場を作ってくれると確信しています。健康・運動パフォーマンスでお困りのことがありましたら、R.Physio labをお勧めいたします。

札幌厚別 Rフィジオラボ (12).JPG