ダイエットとビタミンとの関係性



札幌市厚別区の新札幌エリアでダイエット特化型ジムR.Physio labを経営している小川です!



皆さん、ビタミンの接種を意識していますか??


本日は

ダイエットやボディメイクとビタミン摂取との関係性について解説していきたいと思います!



ビタミンとは??


「ビタミン」とは、ヒトが生きていくために必要不可欠な栄養素のうち、三大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)以外の有機化合物の総称です。5大栄養素に含まれたりしますほとんどのビタミンは体内で作りだすことができません。なので、主に食品から摂取する必要があるのです。



ビタミンの種類とその作用


そビタミンとダイエット・ボディメイクに重要な栄養素について解説します!



ビタミンD


テストステロンの分泌促進

→テストステロンとは男性ホルモンを指し、女性でも分泌されることがわかっています。テストステロンが分泌されることで、筋肉の合成がたかまることがわかっています。筋肉がつくことで、代謝がよくなり脂肪燃焼効果も高まるのです。


主な食品:サケ・イワシ・ニシン・しらす・きのこ類



ビタミンC


たんぱく質の合成促進

→ビタミンCは抗炎症作用と筋たんぱく質の合成を高める2つの作用があり、これは運動後の筋肉痛を予防をしたり、筋肉を作るのをサポートする役割があるのです

主な食品:アセロラ・レモン・ブロッコリー・ピーマン・パプリカ



ビタミンB1


神経機能向上

主な食品:豚肉・グリーンピース



ビタミンB2


たんぱく質合成促進

主な食品:レバー・納豆・卵



ビタミンB6


たんぱく質代謝促進

主な食品:魚・鶏肉・にんにく



マグネシウム


筋肉の弛緩補助

主な食品:しらす・納豆・貝類



亜鉛


テストステロンの分泌促進

主な食品:牛肉・レバー・牡蠣



スライドにまとめてありますがこの辺りが重要な栄養素です





ビタミンの主な役割


主に、ビタミンはタンパク質を運ぶトロッコのような役割りです。いくらプロテインを摂取したとしてもビタミンがなければうまく、筋肉へ運ぶことができずに、筋タンパク質を合成することができません

また、ビタミンCは免役や肌荒れ・口内炎などの炎症の軽減効果もあります。



サプリメントでも良いのか?


ビタミンCはとにかく摂取しづらいのです。アセロラ・レモン・ピーマン・パプリカ、どれをとっても食品からは難しいです。ビタミンCを中心にそのほかのビタミンも食品から摂取することは難しいため、サプリメントの摂取は推奨されています。(もちろん、常食を基本とします)



当店での栄養指導


当店のダイエット・ボディメイクコースでは食事や栄養の指導に力をいれております。何をどう食べたら・・どのくらい食べたら体を作っていけるのか?このあたりを個別に合わせてサポートさせて頂いております!食事と運動の両輪から健康でうつくしい体つくりをサポートして参ります!!





【医師が推薦する!理学療法士が経営するダイエット特化型パーソナルジムR.Physio lab】

JR新札幌駅徒歩3分です!今ならカウンセリング&体組成測定が無料で受けられます!

●札幌市厚別区厚別中央2条5丁目2-1クラスターユーエム1階●

TEL:070-8996-6593