top of page

スポーツやダイエット業界で注目の腸内細菌叢とは?




札幌市厚別区新札幌でダイエット特化型パーソナルジムを運営している山下です!

医療系国家資格保有トレーナーがお伝えするダイエット講座です!



近年



スポーツやダイエット業界で腸内環境に対しての注目が大きいです!

腸内環境と運動パフォーマンスや健康との関連に注目が集まっております!

ダイエット業界では「腸活」と呼ばれることが多いです!



今回は腸内環境がスポーツやダイエットに及ぼす影響について解説していきたいと思います!




目次

・理想的な腸内環境とは?

・腸内環境が身体に及ぼす影響



理想的な腸内環境とは?



腸内には約1000種類、約100兆の細菌が存在しているとされております!



種類は主に3つ


善玉菌、日和見菌、悪玉菌で構成され


理想的な割合として2:7:1とされております!



善玉菌はヨーグルトや乳酸菌飲料に入っている

ビフィズス菌やフェーカリス菌、糖化菌など免疫や消化を助ける働きがあり

悪玉菌の増殖を抑える役割があります!



日和見菌は無毒株大腸菌や連鎖球菌など疲労やストレスで身体が弱ったときには悪玉菌の働きを助け

善玉菌が優勢の時は善玉菌をサポートする働きをします!



悪玉菌は大腸菌や黄色ブドウ球菌、ウェルシュ菌など

免疫力低下、肌荒れ、生活習慣病の原因となります!



これら3つのバランスが維持されると健康的に過ごすことが可能となります!





腸内環境が身体に及ぼす影響




脂質や高タンパク質な食事が多いと悪玉菌が増殖していきます



アスリートがパフォーマンスアップのために食物繊維が少ない高炭水化物食事により

腸内環境が一時的に悪化するとされており、サプリメントなどでカバーする対応を取るケースもあります!




腸内環境は健康を左右するのでとても大切です!



腸内環境の状態が良い場合


・消化が良くなる

・免疫が活性化されウイルスから身体を守ってくれる

・肌荒れを防げる

・便秘改善


腸内環境が悪くなると上記の内容が悪くなります!



体重が増加していくときは腸内環境が劣悪になっているケースがかなり多いです!

ダイエットしている、これからダイエットする方は要注意です!



その他にも



腸脳相関といって

腸の状態がストレス耐性を低下させ、うつ病と関連があるとされていたり



日本の大学から

腸内細菌のひとつが持久運動パフォーマンスに貢献していると発表されたりと



アスリートのパフォーマンス向上などを示唆する肯定的な研究も発表されており

今後さらに研究が発展していくと思います!




特に冬場はウイルスが活性し免疫力が低下してしまい体調を崩す方も多いので

腸内環境を悪化させない取り組みが必要となります!



大切な大会があるからカツ丼食べて!

とにかくエネルギー蓄えるために油たっぷりの肉を食べる!



などは腸内環境を悪化させ免疫低下、パフォーマンス低下につながってしまうので

十分に注意してください!




まとめ

腸内環境には適切とされるバランスがある

腸内環境の悪化は様々な方面に悪影響を与える



当店のダイエットプログラムについて



当店では国内パーソナルジムで唯一導入している体組成計「seca」を導入しております!

筋肉量・脂肪量・内臓脂肪量・水分量・代謝量を正確に計測、個人に合わせた栄養を提示します!

脈拍測定しながら運動の負荷設定を決めていきます!

皆様の身体に合わせた自宅でのトレーニングも提供しております!

医療系資格保有トレーナーが科学的な知見や経験から運動と食事についてアドバイスさせていただき、皆さんと一緒にダイエット成功へ向けて歩んでいきます!!


運動初心者だけどダイエットしたい

リバウンドしないようにダイエットしたい

産後の体型をなんとかしたい

極端な食事制限したくない…

大きい怪我をしたことがありダイエットできるか不安

定期的に運動したい!ボディメイクしたい!


このような悩みや要望のある方は当店をご利用ください!!


お申し込みはweb、公式LINE、インスタDM、ホットペッパーより可能です!



【医師が推薦する!理学療法士が経営するダイエット特化型パーソナルジムR.Physio lab】

JR新札幌駅/地下鉄新さっぽろ駅から徒歩3分です!今ならカウンセリング&体組成測定が無料で受けられます!

●札幌市厚別区厚別中央2条5丁目2-1クラスターユーエム1階●

TEL:070-8996-6593

インスタアカウント r.physio.lab_sapporo フォロー&いいね! ぜひお願いいたします!!



Comments


bottom of page